2021年02月09日

向田邦子没後40年特別イベント

1月にスパイラルホールで開催された向田邦子没後40年特別イベント「いま、風が吹いている」に関連して、向田邦子さんの「寺内貫太郎一家の舞台上演、ドラマ主題歌のコンサート、そして「向田邦子からの贈り物」というドキュメンタリーを上映する予定でしたが、そちらがこの状況下により配信になりました。
どちらも、2月27日から配信開始です。
私は、「向田邦子からの贈り物」内で向田作品についてお話しさせていただいています。
メンバーを見るだけでも興奮します。
皆さんも是非ご覧ください。

2021年01月09日

2011年の棚橋弘至と中邑真輔

単行本で発売された際にもちろん拝読し、感動に打ち震えていた本が柳澤健さんの『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』でした。
文庫化にあたり、解説を書かせていただくことになるなんて、その時は思いもしませんでした。
プロレスは今圧倒的な人気を誇っていますが、それでもまだある種のネガティブなイメージや「分かる人にしか分からない」という印象をお持ちの方もいるかもしれません。
でも、本書を読めば、これは「プロレス」について書いているだけの本ではなく、二人の人間がいかに「自分」を信じ、「自分の仕事」を信じ、「自分のやるべきこと」を見つけてゆくに至ったか、その過酷で美しい道程の物語だということが分かっていただけると思います。つまり、すべての人に当てはまります。私はこの本を読んで、「何かから目を逸らし、逃げるためだけの言い訳」をやめようと思いました。
たくさんの方に読んでいただきたいです。

2021年01月05日

あけましておめでとうございます

2021年、少しでも光が差しますように。

年明け、いろんな方から(主に関西方面から)驚きのご連絡をいただきました。「嘘やん」「すごいなぁ」「マジか」
「漁港の肉子ちゃん」が、明石家さんまさんプロデュースで映画化されます。初夏公開予定だそうです。
今「さんまさん」と「さん」付けしていますが、それすら面映く、なぜなら「さんまさん」は、「漱石」とか「太宰」とかと同じで、「さん」付けで呼ぶ近い距離感にないからです。私にとってはいつまでも「さんま」です。
それだけでもすごいことですが、これからいろんな人のお力を借りて、どのような奇跡が起こるのか楽しみにしています。

色々昨年中にお伝えしないといけないことがあったのに、日々のことにかまけてお伝えできませんでした。ごめんなさい。
『THE BIG ISSUE JAPAN 397号』でターニングポイントについてインタビューしていただきました。
ターニングポイント、というと、一つしか道を選べないイメージがありますが、選ばなかった道も並走してくれている、というようなことをお話しさせていただきました。

「週刊文春 WOMAN vol.8」にて、稲垣吾郎さんと対談させていただきました。(もちろんリモートで!)
久しぶりにお話しした吾郎さん、相変わらず優しくて、誠実な方でした。
話はしたけど、「会った」感じはせんのよなー、お会いしてお話ししたさが募りました。

「清流」2月号にて、大好きなユザーンにお手紙を書きました。
普通に大ファン、なのに友達って、時々叫び出したくなるくらい幸せです。
ユザーンにも会いたいなあまじで。

日本にいたら必ず行ってた私の年明け1.4東京ドーム、飯伏がIWGP戴冠を聞いて興奮して震えております。
どれだけ長い道のりでも、自分のするべきことを自分のするべきやり方でやり続けることの強さを、プロレスラーのみなさんから、いつも教えてもらいます。あけましておめでとう!!!!








2020年12月12日

角田光代さん

角田光代さんは、私にとって特別な人です。
もちろんみなさんにとっても角田光代という作家は特別な人だと思います。
でも私はラッキーなことに、読者としてだけではなく、同じ職業人として、そして一人の人間として彼女に接する機会があります。その全てにおいて、彼女は特別な人です。
どう特別なのかはここでは書き切れませんが、とにかく「角田光代」という字を見るだけで私の体の何かがうんと動きます。
(だから角田さんと一緒に作った「字のないはがき」は、私にとって生涯忘れられない仕事になりましたし、「ユリイカ」の彼女の原稿を拝読したときは泣きました。)
角田さんから、お手紙をいただく、という幸せな機会をいただきました。
「清流」1月号に掲載してくださっています。
ほんまこれは、ただの自慢です。ごめんな。



2020年11月04日

Lit hub とGranta

トニ・モリスンの最初の小説が出版されて、今年で50年目になります。
世界を変えたその小説「青い目が欲しい」(原題”The bluest eye")について、アメリカの文芸サイトLit hubに長いエッセイを寄稿しました。日本では未発表のエッセイです。
昨年の夏、モリスンが亡くなったという知らせを知った直後に書きました。

イギリスの文芸誌GrantaのWEBに、「VIO」という短編も寄稿しました。
これは、「すばる」で掲載していただいたものを、Allison Markin Powellさんに翻訳していただきました。
モリスンのエッセイもそうですが、彼女の誠実な翻訳には、いつも力をいただきます。
(現在発売中のユリイカでも、アリソンさんと対談しています!!)

I love you Allison, we are on fire!!