2018年05月04日

ぜんぶ私のせい

いわゆるゴールデンウィークいうやつはバンクーバーに行く予定やったのやけども、
数日前まで子供が熱出したり咳出たりグズグズしてて、
ケアしてケアして当日バッチリ!よし行くで!
意気揚々と向かったらNEXの中で尋常ならざる悪寒(私が)、
結膜炎の症状(私が)、喉の痛み(私が)、
で、チェックインカウンターで立っていられなくなり、熱を測ったら8度5分サンキュー!
そのままキャンセルして帰宅しました。
過去最高に鬱々としたゴールデンウィークになりそうだぜ!点滴打ったぜ!
いうて家はいいぜ!

詩人の文月悠光さんが、「おまじない」の書評を書いてくださいました!
自分の作品なのに知らなかった手触り、知らなかった香りを、
文月さんが差し出してくださったような気持ちです。
本当に嬉しい。
下記から読むことが出来ます!
ttp://www.webchikuma.jp/articles/-/1260

2018年05月16日

未熟な

41歳になってもカティンカティンに未熟やな私、そう思って反省ばかり、
してもその反省を次に活かせない、それってもうガディンガディン。
そんな未熟な私の熟成を促してくれる友人たちの存在に、日々助けられています。
外に出るのん面倒臭いなぁと思う日でも、人に会うと前向きになって帰ってこれる。
その上美味しいご飯などあれば最高、一人では決して生きられへんねんで。

現在発売中の「Hanako」で、
山崎ナオコーラさんと玉谷晶さんが「おまじない」のクロスレビューを書いてくださっています!
本当に本当に嬉しい。
ナオコーラさんは私の大切な友人です。
彼女にいただいた言葉はどんな時も私の糧になっています。
自身の人生において、最も影響を受けた方の一人です。

ワールドプロレスリングでオカダカズチカVS棚橋弘至戦、
泣くのを覚悟して見よう、と思っているそばから泣く、もう止まらない。
私は棚橋選手をずっと応援します。

2018年05月19日

she is

WEBメディア「she is」にて、インタビュー掲載していただいています。
とても真剣に、丁寧に、そしてユーモアを交えながら言葉を掘り起こしてくださって、
本当に大切な時間になりました。
特集も、登場されている方々も本当に興味深いものばかり、ワクワクします。
こういった熱のある、真摯なメディアがもっとたくさん増えますように。
自分自身語るのが恥ずかしいこともありましたが、
取るに足らない人間だ、だからこそ一生懸命生きるんだ、
という気持ちと常に一緒にあることを、再確認できました。

「まく子」映画化!!!!

「まく子」が映画化されます!!!
映画ナタリーの記事を貼り付けさせていただきます。
ひー、記事読みながら「自分の作品なんやな・・・」と改めて驚く。
素晴らしいスタッフに恵まれて、なんて幸せなの「まく子」!
あとはもう私の手から離れ離れて全速力で走ってゆきなさい。