2011年02月09日

津村さん、バマコ、安田忠夫さん

仕事ばかりであっという間に2月になったような、
しかももう中旬といってよいですね。

津村記久子さんの新刊、「ワーカーズダイジェスト」が、滅茶苦茶面白いです。
津村さんの作品は、「おもろい、かっこいい、シャイ」のみっつと思っていて、
そのみっつの土台が「優しい」で、
「ワーカーズダイジェスト」は、「働いて生きる」こと、を描いた作品の、
集大成なのではないかと思います。
いうてまだ発売前やで、先に読めてん、うち。
なんかごめんね。
それで、津村さんと対談をさせていただきました!
集英社「青春と読書」に掲載されます。
うちの拙い言葉で津村記久子の素晴らしさをお伝えできているかわかりませんが、
とにかく楽しい対談でした。
津村さんは、作品のような、「おもろいかっこいい、シャイで優しい」人です。

期間の終わり、滑り込みでシャネルネクサスホールへ、
「ルシール レイボーズ写真展 バマコ美女」を見ました。
マリ共和国バマコの女性の結婚式の一日を撮影していて、
黒い肌に白のウエディングドレス、眉毛をぎゅんと描いていて、
青や紫のアイシャドウで、唇のふちを黒くかたどる、
すてき。
列席者の女のひとも、綺麗なアフリカの布のドレスを着ていて、
すてき。
ギャルとか、お化粧濃い女の人が、好きで、
なんでやろ、ぶりんぶりんに着飾った人を見ると、興奮します。

プロレスラー、安田忠夫さんが、プロレスをやめ、
ブラジルに渡って子供たちに相撲を教えはるそうです。
引退興業に行ってきました。
オープニングは安田忠夫さんのご令嬢、AYAMIさんによる歌「あなた・・・。」、
安田忠夫さんの無二の親友であるバルーンアーティストによるパフォーマンス
(ミッキーマウスと、火の鳥と、タイガーマスクを作られていました)
安田忠夫さんは、第一試合で曙と、第四試合で大谷晋二郎さんとタッグを組んで
高山善廣、鈴木みのる組と対戦、
第五試合では、天龍源一郎さんと対戦されていました。
いろいろ考えました。
天龍、天龍、天龍! ああいう男になりたい。
安田忠夫さんは、みんなに愛されていました。
自分のことを「安田は」とおっしゃるんですね。

豚汁をどうしても食べたくなって、作ったら、
豚汁というやつは絶対に少量作ることができないので大量、
一杯飲んだらもうええわ、となって、
仕方なく、カレールーを放り投げたら、
「最初からカレーですけど」みたいな顔をしている。
こんにゃく入ってるやんけ。
カレー味って、味覚界のラオウやと思います。
なぎ倒す、全部もってゆくから、気をつけて!

*お伝えしたかもしれませんが、「芸術新潮」で「ミュージック三昧」連載開始しています。
*ダヴィンチ、エッセイ「合流注意」掲載。タクシーのことを書きました。
*「白いしるし」、ちょこちょこ載せていただいています。
  吉田大助さんが素晴らしい書評を書いてくださっていて、それが地方紙に掲載されるそうです。
  ありがとうございます。