2019年12月16日

バンクーバー

12月から家族(猫連れ)でバンクーバーに引っ越してきました。
2年間だけですが、こちらで生活しながら執筆を頑張るつもりです。
こちらは毎日雨か曇り、時々現れる太陽がありがたくて拝んでしまいます。
太陽信仰。
お知らせできていなかった関係者の皆様ごめんなさい。
誰にお知らせしていて、誰にお知らせしてなかったか自身で把握できておらず・・・。
こちらではきちんと管理できるように頑張ります!

2020年01月06日

あけましておめでとうございます

新年明けて久しぶりに高熱で倒れましたが、家族のおかげでだいぶ回復しました。
疲れが出たんやな体、ちょっと無理させたなぁ体、ごめんやで体。
バンクーバーは時々奇跡のような晴れ、安定の曇りと雨、クリスマスが一番のイベントで、お正月は静かな印象でした。
まだクリスマスツリー飾ってる、日本の門松みたいなもんなんかな??

河出書房「文藝」2020年春号は「中国・SF・革命」特集。
さすがやで文藝、またもうめっさ面白そうやんけ!!!
そんな刺激的な号に、10月に甲南大学で行われたエトガル・ケレットさんとの対談を掲載していただいています。
文字起こしを読み返すだけで「あの素晴らしき数時間」を思い出して胸が熱くなりました。
ケレットさんとケレット作品と出会えたことは、私の人生の大きな糧であります。

同じ河出書房から我らがアディーチェの傑作「アメリカーナ」文庫が発売されています!
僭越ながら帯に推薦のコメントを書かせていただきました。私の思ったままのことを。
上下巻ですが、ちっとも長さを感じさせません(下巻のコメントは松家仁之さんです!!)。

「文藝」も「アメリカーナ」もだいぶ前に発売されているのですが、こちらに届くのにタイムラグがあるのです。
今後も告知が遅れると思いますがどうかご了承ください。
SNSやってへんからな、もうあれやねん、なんも情報入って来ひんねん、身辺静かやでめっちゃ。

長さ、といえば、今読んでいるのがマーロン・ジェイムズの「七つの殺人に関する簡潔な記録」ですが、
本屋さんで見た? 昔の電話帳やん、そんで二段組やん、でも、なんかもう面白くて、やめられへんやん。取り憑かれてしもたやん。あと私よほど読みたかったんか、2冊買うてもうてるやん。
長編で怯んでしまう方たくさんいらっしゃると思うのですが、面白い長編はそんな怯みを軽々と乗り越えさせてくれます。
なんやったら「この時間永遠に続いてくれ・・・!」と。
ボブ・マーレィループで聴きながら曇り空のバンクーバーであります。

みなさんが素晴らしい一年を過ごせますように。
みなさんが健やかな一年を過ごせますように。

2020年01月10日

文藝

前回「文藝」もだいぶ前に発売されていた、と書きましたが、ちょうど発売日でした・・・
編集部の方が早々に送ってくれていたのに発売日を知らないこの体たらく・・・ごめんなさい。
でもきっと、今後ラグは必ずあると思うのでそれはまちがっていないかと思います。
早速拝読しておりますが、面白いです「文藝」。
エトガルさんのエッセイ「ぼくはアンチ・イスラエルなのではなくて、アンビ・イスラエルなのだ」は、今、世界中の人に読んで欲しいです。もちろん、あなたも含まれます。

東直子さん選・解説の歌集「愛のうた」の文庫化にあたり、巻末で対談させていただきました!
東さんの文字通りのふところの深さ(ゆえのこわさ、みたいなもの)は、
そのまま「愛のうた」に通じるところがあると思います。
表紙が素敵すぎる、と思ったらミロコマチコさんやった、大好き!